賃貸など退去時のキズ補修について

アパートやマンションなどの賃貸契約をしている住居を退去する際に、大家様及び不動産会社の方からのキズなどのチェックがある。
その際に、フローリングのへこみやキズを指摘される事が多い。

指摘された場合は何らかの方法で補修しなくてはならない。

東京の風呂のリフォームに対して関心度が高まっています。

どの様な方法があるのだろうか。
まず、考えられるのは、キズ補修の専門業者に依頼する方法である。


専門業者に依頼する場合のメリットは、専門の補修道具や材料を持っているため綺麗にキズを直す事が出来る事である。
しかし、メリットばかりでは無くデメリットもある。

それは、費用が高い事です。

やはり、専門技術でありそれを専門にしている人も少ないため費用が高いと考えられます。

いろいろな朝日新聞デジタルをご提案いたします。

また、その地域に業者がいない場合は、出張料などの諸経費も発生する。

依頼をする場合は、良く検討する必要があります。

それでは、その他の方法で補修する事は出来ないかと疑問に思うかもしれません。


個人でホームセンターで道具や材料を買う事も出来ます。


現在は、説明書もしっかりしており素人の方でも綺麗にキズを直す事ができると思います。
クレヨンの形をした物やペンタイプなど種類も豊富にあります。



クレヨンタイプの物は、電気で熱した専用のコテを使用してクレヨンを溶かして直したい部分に充填します。

熱した物が硬化したら付属のスクレイパーで削る作業をして第一段階は完了です。


次にペンタイプの物を使用して既存の床の木目に合う様に木目を書いていきます。
木目を書いて完了となります。専門業者に頼らずとも補修する方法を参考に実践して頂きたいです。