日本家屋の畳の補修とキズ予防のコツ

伝統の日本家屋は、落ち着いて暮らせる雰囲気があります。

日本家屋の魅力の一つであるのが、リラックス効果ある香りが特徴的な畳の存在です。
畳は日本家屋に必要不可欠な床材です。また機能性に優れていて、湿度の調整機能を持っています。しかし、長く畳を使っていると、キズをつけてしまう場合がよくあります。

うっかり傷めてしまった畳は、まだ小さな破損であれば補修が可能です。
目立たないよう、シールやシートを用いて直せます。

朝日新聞デジタルに有効なサイトです。

また畳のへこみについても、アイロンなどを使えば問題は解消できます。


しかし、長年使ってきた畳は、表面が擦り切れてしまいます。
また太陽の光に長く晒され続けると、黄色く変色するのが難点です。こうなれば、細かく補修するよりは畳を入れ替えた方が早いです。



重要であるのは、畳にできるだけキズや劣化が起こらないよう心がける点です。


畳にキズが付く大きな要因であるのが、家具の運搬です。重い家具を畳に接地させたまま移動させると、簡単に傷んでしまいます。

また畳に直接重い家具などを設置すると、へこみなどの問題が生じます。

そこで、畳のキズ防止用のパッドを用意すると、傷みを防ぐ効果があります。こうしたパッドは繰り返し使用が可能なため、家具に合わせて揃えておくと長く使えます。



畳のキズを補修するとなると、それなりに手間や時間、コストがかかってしまいます。


それだけに、事前の予防策で傷をつかないよう心がけるのが大切なポイントです。