誰でもできる簡単なキズの補修

ちょっとした衝撃や落下などで、生活必需品や大事なものが破損したりキズ付くいうのは少なくないです。新品に取り換えればいいけれど、やはりまだまだ大事に使っていきたい。


キズを補修して使えるのなら使いたい。



誰だってそう考えるはずです。

プロの腕が必要な難しい補修や大がかりな手直しなど、素人の手に負えない作業は無理ですが、誰でも簡単にできることであればチャレンジしたいところです。

よくホームセンターなどで販売しているキズ直しや補修キットなどもありますが、お金を掛けないこと以上に、自分でやり切るという達成感も得られるのではないでしょうか。

東京の浴室のリフォーム情報なら、こちらをご参考にしてください。

例えば車のバンパーやボディのキズ隠しには「タッチペン」、樹脂が割れた場合の補修には「FRP」など、材料はそれこそ豊富に手に入りますし、粘土パテのような簡単な造形ができ、自分の思った通りのリペアができるような商品があるのも非常に魅力です。

朝日新聞デジタル関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

特にFRPは秀逸で、材料としてはガラスクロスと樹脂を用いますが、破損個所に沿うようにして施工をほどこし、凝固するのを待ってから研磨を掛けると強度も耐久性も抜群の仕上がりとなります。
また、生活調度品などに目を移すと、フローリングが削れたり穴が空いてしまった場合には専用パテ、障子や襖などが破れた場合には、もちろん専用のリペアキットも市販されています。


このように、経験ももちろん必要な作業もありますが、誰でも簡単に補修をすることができることから始めてみてはどうでしょうか。