翻訳会社を選ぶときに留意すべきことがあります

日本の企業にはビジネスチャンスを求めて海外に進出していっている例が少なくありません。

国内マーケットがほぼ飽和状態になって、海外に新市場を開拓するためであることは明らかです。その際、自社内で翻訳専任の部署を持っている会社はともかく、一般的には翻訳に携わっている会社に依頼するのが一般的な傾向です。そういった翻訳会社に発注するときの注意事項というのが幾つかあります。まずは低料金にとらわれ過ぎないことです。コストの実を追求するのであれば、ネット上にある無料の自動翻訳サイトの右に出るものはありません。

しかし、全く意の伝わらない文章しかでてこないのは周知のとおりです。料金の安さにこだわり過ぎると、品質が下がってしまう結果になります。一定レベル以上のものを求めるならば、最低限、ネイティブチェックを行っている翻訳会社を選ぶべきです。納期の早さも選択の基準の一つとなりますが、とはいえ、あまりにスピードが早過ぎる翻訳はミスが目立つと考えたほうがいいでしょう。

発注者としては早い翻訳仕上がりを望みがちですが、翻訳作業があまりに早いということは、杜撰な作業に終始している可能性があるとの恐れも否定できません。チェックすべき項目を省略している可能性もあるのです。納品されてから、発注者側で修正作業に追われているようでは本末転倒ということになります。目先の納期の早さにとらわれることなく、作業内容を重視して翻訳会社を選ぶ姿勢が重要となってくるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *