翻訳会社はネイティブスピーカーが訳してくれる

インバウンドの需要の高まりやグローバル化の波に伴い、海外の会社との取引をする国内企業が増えています。

海外との企業間取引で一番やっかいなものは言語ですが、海外との取引のためだけに通訳を雇うのも人件費が無駄です。アジア圏のように国によっては必ずしも英語が世界の共通語というわけでもなく、特に欧州は母国語に誇りを持っているため英語での取引を嫌う国もあります。相手の国の母国語だけではなく慣習も熟知したうえで取引するには、翻訳会社を利用するのが得策です。

翻訳会社は様々な国のネイティブスピーカーの人を揃えているため、取引先の国の出身者を見つけやすく、心強い味方になってくれます。言語を勉強しただけでは知り得ない相手の国の文化やタブーも事前に教えてくれるため、微妙なニュアンスの違いや言い回しの違和感を修正してもらえるので取引で有利です。

特に契約書を交わしたりする場面では相手の国の法律に基づいた観点からアドバイスをしてくれる上、難解な契約内容も訳してくれます。翻訳会社では通常数名の外国人に翻訳をさせてからまとめるため、個人の価値観で訳されることがありません。数通りの翻訳から客観的かつ総合的にバランスの取れた翻訳してもらえるのも、翻訳会社を利用するメリットのひとつです。仕事をしていくうちに契約内容は順次変更していくこともあり、変更に追いつくスピーディーな翻訳が必要な時も翻訳会社なら迅速に対応してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *