翻訳会社に依頼するなら

翻訳会社に翻訳を依頼する際には、まず原稿など必要なものを用意します。

元原稿はもちろんですが、それにともなって貼付する参考資料、そして表記統一ガイドも一緒に用意しておく必要があります。統一ガイドには、表記の記載のルールや望ましくない表現などを記載しておきます。依頼の際には、電話やFAX・メールにて問い合わせを行いますが、その際にあわせて使用用途や原稿を読む対象者について・文字数なども伝えます。大まかな見積もりに必要な情報は事前に把握しておくと、取引がスムーズに進むでしょう。

翻訳会社での翻訳の価格の決め方は、基本的には1文字に対して単価を設定するという方法がとられています。もし、翻訳したい文章の内容が難しい言語であったり、専門的な知識を必要とするものである場合は、この価格が上がるのが一般的なかたちです。翻訳会社から見積もりが送られてきたあとは、依頼主がどの会社に決定するか検討します。この時には様々な材料をもって判断すべきです。

翻訳のスキルはもちろんですが、コンタクトをとったときの印象やレスポンスの速さなどは、そのまま依頼したときの仕事の対応に直結する事が考えられます。アフターサービスがどの程度行われるかなども、把握しておきたいところです。データや原稿納品後に翻訳ミスがわかったときには、どのような対応をしてくれるのかなどを検討し、翻訳会社を決定しましょう。料金と必要日時に同意出来た場合、契約となります。料金は納品を確認してからの後払い形式がほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *