ローカライズを翻訳会社に依頼するメリットとは

ローカライズは特定の国の人に向けて作り出すサービスや商品を、他の国を対象にして作り直すことを意味します。

例えば、日本人向けに作られたウェブサイトを、海外に住むユーザー向けに作り替えることもローカライズになります。海外に住むユーザーは英語を話すことができる人もいれば、フランス語やドイツ語を話す人もいるなど様々で、ローカライズには翻訳会社の力が必要になることも少なくありません。

日本語で作ってあるウェブサイトを翻訳するのが翻訳会社の仕事などのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、単に翻訳を行うだけでなく、現地のニーズに合わせて機能の変更や追加などが必要になることもありますし、ケースに応じて補足説明を入れることもあるわけです。ローカライズ実績を多く持つ翻訳会社の場合は、日本語を英語やドイツ語などの外国語に訳すだけでなく、現地のニーズにはどのようなものがあるのか、必要とされる補足説明には何があるのかなど、経験から得たノウハウを持っています。

ノウハウの中には翻訳を行う時に日本語と同じように訳すのではなく、適切なくだけ方を取り入れるなどのテクニックもありますし、原文をどのように変えれば適切なものになるのかなども把握しているなどの特徴もあります。日本人がビジネス文書をそのまま翻訳すると、それを読む外国人は文章が硬く思えてしまうケースがあると言います。しかし、翻訳会社の能力の中には柔らかさを与えつつ、重要なことを伝えられる翻訳を行うことできるものを持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *