翻訳会社のサービス内容について

翻訳会社の中心となる仕事は、もちろん翻訳作業です。

単語や文章を他の言語に翻訳する事を請け負っています。ですが現在は、他の仕事もサービスとして受注している会社が出てきました。近年は副業の自由化により、クラウドワークに翻訳を依頼するクライアントが増えています。クラウドワークに依頼するメリットは、その単価の安さです。あまりにも安価で請け負うため、値崩れしてきている分野もあると言われています。

翻訳会社ではこういった状況を踏まえて、より良いサービスを提供する会社が増えています。品質のよい翻訳文章を提供するために、他言語を母国語とする人による「ネイティブチェック」もそのひとつです。翻訳は直訳すればよいものではありません。慣用句やことわざなど、直訳しては全く意味が通じないものも存在します。ネイティブによってより文章をスムーズにすれば、そのぶん読みやすく品質の優れた文章が仕上がるのです。他にも翻訳会社が請け負うサービスとして、文章自体の校正チェックやリライトの作業があります。

さらに細かい部分まで請け負う会社では、DTPの分野まで全て行う会社も存在します。これらは原稿などを渡したあと、新たに他の出版業者に依頼する必要がなくワンストップで作業が終了します。そのため非常に喜ばれているサービスです。翻訳会社はクラウドワークでは難しい専門用語や学術用語などの知識を豊富にたくわえており、難しい文章でも翻訳できるというメリットがあります。こうして差別化をはかっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *