翻訳会社で活躍するには

将来、翻訳会社で働きたいと考えている人は沢山いるでしょう。

経済がグローバル化し、世界が身近になった現代では他国の言葉を自由に使えるという事が、大きなメリットとなります。もし、実際に翻訳会社で働きたいと考えているのであれば、専門知識や学術用語などを覚える事が有利となります。実は、翻訳会社で行われる翻訳のほとんどは「実務翻訳」と呼ばれる分野の作業です。

これらは映画の字幕や小説などの「文芸翻訳」とは異なります。翻訳する対象は、ビジネス関連文書です。契約書や仕様書・マニュアル・取扱説明書の翻訳のニーズが高まっています。「実務翻訳」の世界は専門用語や知識が必要となります。学術論文などの場合、あらかじめ提出の際は英語やドイツ語など、決められた言語で提出が求められておりそれらの翻訳を請け負う事もあります。その場合は物理学や医学の用語・知識さらには参考文献や引用論文の翻訳も必要です。

他言語に変換・翻訳する事だけが仕事ではありません。使用用途や読み手にとっての読みやすさまで考慮する必要があります。国際事務の需要は常に一定数あるので、他言語をマスターする事の強みはあります。ですが現在は副業の自由化などで、安価に翻訳を行うサービスが存在しており、多言語に翻訳するのみであれば価格面で負けてしまう事が考えられます。専門分野を身に着け、知識を常に磨く努力が必要となるでしょう。特許申請やビジネス関連の契約部分の書類などの知識は、日本で現在でも強いニーズがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *