翻訳会社のメリットについて

英語圏だけがビジネスの取引先ではありません。

特に近年はアジアでの取引が活発で、小国とも大きな取引を行う企業が増えてきました。工場の海外進出も活発なのですが、中国や台湾などからタイやバングラディッシュ・インドなど様々な国への進出が進んでいます。アフリカや南米などの取引もあり、様々な言語を使用しなければならない機会が増えています。すべて英語が通じれば良いのですが、そうとは限りません。特に現地の消費者に買っていただく製品の説明書などは、現地の言葉を使用する必要があります。そこで、役立つのが翻訳会社です。

近年の翻訳会社は様々な言語に対応しており、ローカルの言語の翻訳でも引き受けてもらえます。さらに、ビジネスにはその業界特有のビジネス用語もありますが、その翻訳にも対応できます。メールで文章を送れば、翻訳されて返却されてきて納期も短納期での対応が可能となっています。ビジネスには納期はつきもので、特にお客様の苦情やクレームに対しては迅速な回答が必要となります。

翻訳会社を利用することで、納期は短縮され且つ正確な回答ができるので信用もアップします。翻訳は通常文字単価で料金が設定されているのが普通で、自社で翻訳するよりも大幅なコストダウンも期待できます。一点注意することは、見積もりが安すぎる翻訳会社は優秀な翻訳者が在籍していないか、外注へ委託している所もあるので、重要な文章の委託は実績を積んでから発注した方が良いでしょう。上手に翻訳会社を利用して、信頼のアップにつなげてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *