翻訳会社に就業する場合に必要な語学力は

翻訳会社で行う翻訳作業は多くの外国語を扱っていて、言葉を知っているだけでは業務を完全に行うことはできません。

日本語でも一つの言葉で複数の言い回しを行ったり、文章の構成から一般的に知られている意味以外の使われ方を知っていなければ、完全に外国語を理解しているとは言えないでしょう。そのため単語の意味や文法だけを把握しているだけでは、翻訳会社が必要としている人材には該当しなくなっています。言葉にはその地域だけで使われる言い方というものが存在していて、これは基本的に外国語を勉強しているだけでは習得できない場合があります。

そのため翻訳会社で実際の業務に携わる人は、現地の人と日常的に会話を交わした経験を行ったことがある人が求められています。一番いいのはその場所に住んで実際に生活した人ですが、住んでいなくても現地の人と頻繁に会話をしている人も重要視されていて、基礎的な学力を得るために関係した本を見ているだけでは翻訳作業は難しい可能性があります。日本語は世界でも難しい部類に入る言語ですが、日常的に使っている日本人にはそのような難しさを感じていません。

それと同じことが外国語でも行われていて、言葉の奥にまで踏み込んで使っている人の内心まで知るためには、基本的な知識だけでは翻訳作業はできないでしょう。もちろん基本を知っていなければ応用もできませんが、基本だけを知っていて応用ができないようでは、業務として翻訳会社に就業するのであればネイティブな部分を強調することの方が最適と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *