翻訳会社とは何を行う会社なのか?

翻訳会社とは、依頼主が書いた文書を他国の言語に翻訳することを仕事としている会社です。

ビジネス書類だけではなく、学術論文や医療関連書類などの翻訳を手掛けることもあり、その分野の専門的な知識や言葉も要求されます。翻訳会社によって取り扱い分野があり、依頼する時には予算や納期だけではなく、依頼したい分野に対応しているかどうかを見極める必要があります。言葉を翻訳する一見簡単な仕事ですが、他国の言語には存在しない言葉である場合には、意味をはき違えないように注意しながら訳していかなくてはなりません。

多くの言葉に言い換えられる想像力がなければ、成立しない仕事でもあるのです。サービス内容にも翻訳会社によって違いは多いです。ネイティブチェックを行っているか否かは特に大きなポイントです。翻訳が完成しても、それを現地の言葉で正確に表現されていないのであれば、意味がありません。その為、完成後にネイティブチェックを行い、正確な翻訳を依頼主に納品する会社が望まれます。

担当となる翻訳者と上手く情報交換ができるかもポイントです。どのように翻訳したいのか、依頼主の希望を聞き取らず、書類の受取・納品だけでは希望通りにはなりえません。日本語でもひとつの表現を様々に言い換えることができ、言葉ひとつで意味が変わってしまいます。他国の言語でも、それをどう表現するかによって文書全体の意味合いが異なるからこそ、翻訳者との詳細な打ち合わせを必要とします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *