翻訳会社の競争相手が検索会社に

最近は様々な分野に進出する会社が多くなっていて、一つの分野に留まるという事を考えない時代になってきたという事が言えるのかもしれません。

こうした流れは翻訳会社のような所でも言えることでしょう。何と翻訳会社のライバルが検索エンジンの会社になるというような事が起きているのです。これまでは翻訳会社は当然翻訳の分野では圧倒的な強さを誇るという事になっていて、他の分野の介入など出来る余地は無いようにも思われていました。

ですが、検索エンジンの会社はITという全く新しい技術を作り出してITが自動的に翻訳をすることが出来るというシステムを作りだしたのです。しかも、この技術は誰もが持っているモバイル端末で利用することが出来るサービスとなり、しかも無料で翻訳をすることが出来るというサービスをやりだしたわけですから、翻訳会社からすれば全く異次元のところからライバルが出てきて一気に市場を奪ってしまったという事になったでしょう。

その為、今では日常的な会話に関してはほぼ、モバイル端末さえあれば問題ないというレベルになっていて、翻訳会社の出る幕は無いというぐらいの状況になっています。とはいっても市場の全てがなくなったというわけではありませんから、まだまだ翻訳の仕事が無くなったというわけではありませんが、圧倒的に日常会話の市場は取られてしまったと考えていいでしょう。専門的な分野についてはまだまだ翻訳の仕事はありますから、この分野で生き残りをかけるという事になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *