翻訳会社に就職して翻訳家になること

翻訳とは外国語で書かれた著書などを日本語に訳することなので、翻訳の仕事をする人には英文科や外国語大学の出身者がたくさんいます。

翻訳家になれば独立してフリーランスで働くことができますが、そのためには個人的に仕事の依頼を受ける必要があります。翻訳家になったからとすぐに独立しても仕事の依頼がなければ収入もないので、まずは翻訳会社に就職をして、会社の仕事をたくさんこなし実務経験を積み、クライアントから指名されるくらいにまでなる必要があります。将来的に独立をするためには、経験を重ねていくことが必要ですが、人脈を創っていくことも重要になります。

翻訳の仕事に関係する人たちとコミュニケーションをしっかりととることにより、仕事を任されたり知り合いの人を通じて仕事が回ってきたりするので、人脈作りも欠かせません。翻訳家になるために特に資格は必要ありませんが、英検1級を取得していたりTOEICで好成績を収めている人は翻訳会社に就職しやすくなります。また翻訳家になるためのスクールに通って専門的な知識やスキルを学ぶと、そのスクールが翻訳会社と提携していたり、翻訳会社自体がスクールを経営していたりするので就職がしやすいと言えます。

外国語の知識があるだけでは翻訳の仕事はできません。外国語を日本語に訳し、その内容が日本人の読み手にしっかりと伝わるような文章にする能力も必要になります。また学術書などではその分野の高い専門知識も必要となるので、それらのことを学ぶためにも専門のスクールに通うことが勧められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *