翻訳サービスの仕事は

翻訳サービスの仕事というと、外国文学の翻訳を真っ先に思い浮かべる人もいるかもしれません。

海外の文学作品をよく読むような人にとってはなおさらそうでしょう。確かに翻訳サービスにはそのような仕事もありますが、それ以上に需要が増えているのはビジネスに関係する文書の翻訳です。今ではどんな会社も海外とのやり取りを避けて通れることがどんどんと少なくなっています。

日本だけ、日本人だけを顧客としていては大きな成長など見込めないからです。ですから、翻訳サービスを仕事とする場合、例えば大学の文学部の外国語学科を卒業していることが最低条件になるかというと決してそのようなことはありません。

翻訳する以上はその言語にある程度堪能であることは当然必要ですが、学歴として外国語学科を卒業していなければできないようなものでもないのです。立派な学歴も重要かもしれませんが、昨今の状況を考えると、ビジネスでの実務経験のほうがより重要になりつつあります。ビジネスで実務経験を積み、その中で外国語の翻訳に多少なりとも関わったことのある人であれば十分に仕事ができる可能性があります。

実際、仕事をしていればそれに関係する英語の文章を読まざるをえない環境に置かれている人は多いでしょう。そういう人であれば学歴など関係なくその仕事分野においては翻訳サービスの仕事ができる人になっていることは十分にあり得るということです。ちょっとチャレンジしてみるのはどうでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *