翻訳サービスのフリーランスの仕事とは

翻訳サービスの仕事ですが、もちろんクライアントからの委託を受けて文書の翻訳をするのですが、多くの人は翻訳サービス会社の社員ではなくて、そのような会社と個人的に契約を結び、仕事を回してもらう形で働いています。

フリーランスではあるけれども、完全なフリーランスではなかなか自分で仕事を取ってくるのが難しいので、仕事があるときには回してもらえる契約を結んでいるわけです。

翻訳サービス会社の社員ではないのですから、毎日出勤するような必要はありませんし、仕事をする時間についても自分のスケジュールと相談しながら自分で決めることができます。ただ、給料についてはもちろん出来高払いとなります。

固定給や月給があるわけではありません。そのため、仕事が少ないときにはその収入だけで生活していくのは難しいこともあるかもしれません。一方で時間には自由が利きますし、実は仕事をする場所についても自由度が高くなります。普通は自宅の一室で仕事をすることになりますが、別に場所を問うものではありません。

情報管理などに気をつけさえすればどこで仕事をするのも自由です。仕事については、確かにあまりにえり好みしているとそのうち仕事があっても他の人との比較競争になって自分には回ってこなくなるかもしれませんから、ある程度は着実にこなす必要はあるでしょう。信頼関係が構築されれば、多少は無理を聞いてもらうこともできるかもしれませんし、優先的に仕事を回してもらえるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *