翻訳サービスの品質管理のやり方

翻訳サービスに求められる高品質とは何だと思われますか。

よく言われるのが、ネイティブでわかりやすい英訳や日本語にこだわった和訳、医学のテクノロジーを駆使した翻訳などがあげられます。すべて翻訳をする上においてこうあったらいいなと言う事項です。説明が分りやすく実際に使われている言語の表現に対する要望はどの国の言語でも言えることです。商品説明書の翻訳をする際に、標準語が用いられるのは和訳する際も同じことがいえます。

これらの要素を実現してくれるのは、信頼できるスタッフと翻訳に確立されてきたプロセスです。多数の経験を積んだ翻訳サービスでは、世界各国に全ての言語で品質の高いネイティブな翻訳ができるスタッフがいます。翻訳プロセスについては、ネイティブ翻訳者が一次翻訳を担当します。場合によっては日本人が担当する場合もあります。翻訳チェックを行うスタッフがいて全文に対して校正を行います。この工程で解釈ミスや翻訳ミスがないかを確認します。第3者の視点から校正をおこないさらに品質をあげます。結果を一次翻訳と文章全体の表現をチェックしています。

この作業後にお客様の要求を満たしているかを基準にプロジェクトマネージャーが最終チェックをしてから納品することになります。高い品質を生み出すことは余計なコストがかかることではありません。要求される品質を明確にして、それに近いレベルの翻訳を行うことです。翻訳サービスは、何度もチェックを重ねることで、お客様の満足できるレベルにまで引き上げることにあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *