利便性の向上した翻訳サービス

翻訳サービスで身近なものは、サービスを提供しているインターネットサイトにアクセスし、翻訳したい文章を入力して翻訳を実行するものです。

元になる文章がおかしくてもそのまま訳してしまうため精度が高いとは言えませんが、ある程度の意味は把握できるので手軽で便利です。

近年は携帯端末の発達により、アプリでも翻訳サービスが利用できるようになっています。この場合、パソコンではなく携帯端末である特性を活かしたシステムになっているので、利便性が向上しているのが特徴です。

携帯端末の基本的な機能は音声による通話です。この機能を使い、携帯端末に向けて話した言葉を認識し、それを指定した言語に翻訳して表示するだけでなく、発声も行えるシステムがあります。

さらに、異なる言語を話す2人が交互に話をした場合、それぞれで翻訳を行えるので、言語力がなくてもリアルタイムの会話が可能です。携帯端末にはカメラ機能も付いていますが、これを活かした翻訳サービスもあります。

撮影された画像に含まれている文字を認識し、それを翻訳してくれる仕組みです。英語であれば入力は簡単ですが、言語によってもとの文章を入力するのが困難になる場合がありますが、撮影してしまえば入力しなくても良いので非常に便利な機能です。

このようにアプリの翻訳サービスではパソコンでは利用できない利便性が備わっているので、言語の分からない海外旅行に行くときでも活用できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *